奈良講武会

奈良講武会は基本を大事にし,一生出来る剣道の指導を行っている剣道道場です。

TEL.

090-8210-0051(道場専用)
活動報告

活動報告

『習心館道場 第62回剣道大会』

令和4113日(木・祝)、「ロート奈良武道場」において『習心館道場 第62回剣道大会』が開催され、奈良講武会からは「少年の部(小中学生混合団体戦)」に出場させて頂きました。

大会は3試合場での予選トーナメントからトーナメント1位通過3団体による決勝リーグにより開催されましたが、当会は予選トーナメント2位となり決勝リーグに進むことは叶いませんでした。

令和4年も残すところあと2ヶ月です。少しずつですが対外試合での気付きを稽古に持ち込む様子も伺えてきました。今一度、去年よりも格段に恵まれた今年の環境に感謝の思いを馳せ精進を続けて下さい。

先鋒 瀧谷 光

次鋒 脇坂心彩

中堅 辻本 涼

副将 玉井友恵

大将 伽羅宗吾

『川上村第20回記念剣道交流大会』

令和4年10月23日(日)、「川上村立武道場(吉野郡川上村)」において『川上村第20回記念剣道交流大会』が開催され、奈良講武会から小学生4名・中学生3名が出場させて頂きました。
コロナ禍により3年ぶりに開催された大会ですが、いつもながら運営各所で地元の方々が協力されておりまさに地域をあげてのこの大会に県内外の70を超える団体が歓待を受けました。
我々の試合の方はまだまだ課題の多い結果となりました。段位審査でもそうですが数分間という短い時間にこれまでの修練の成果を出すためには、普段の稽古でもっと自分を出し切ることが必要であると改めて感じさせられました。今日の出場者は明日からの稽古で仲間達にそのことを態度で伝えて下さい。

大会開催にあたりご尽力頂きました大会関係の先生方、地元の方々本当にありがとうございました。

小学3・4年男子の部
遊田海惺

小学3・4年女子の部
森岡希榎(敢闘賞)

小学5・6年男子の部
辻本 涼

小学5・6年女子の部
藤田彩未

中学1年男子の部
木村虎太朗

中学2・3年男子の部
伽羅宗吾

中学2・3年女子の部
玉井友恵(敢闘賞)

『第38回全国道場対抗剣道大会・全国道場少年剣道大会』

令和41016日(日)、「パークアリーナ小牧(愛知県小牧市)」において『第38回全国道場対抗剣道大会・全国道場少年剣道選手権大会』が開催され奈良講武会からは団体戦(道場対抗)及び個人戦(第39回中学生女子の部)に出場させて頂きました。

残念ながら結果を残すことは叶わず全国大会という大きな壁を感じたようでしたが、特に中高生3名にとっては1つの大きな節目となり来春の進学に向けて気付きの多い貴重な経験になったことと思います。彼ら彼女らのこの2年半の頑張りに敬意を表するとともに更なる飛躍を祈ります。

団体戦出場

先鋒 瀧谷光

次鋒 伽羅宗吾

中堅 富田宗汰

副将 山中洋亮

大将 池田敬行

個人戦(中学生女子の部)

玉井友恵

『第56回奈良市スポーツ少年大会 剣道の部』

令和41010日(月・祝)、「ロート奈良武道場(奈良市中央武道場)」において『第56回奈良市スポーツ少年大会 剣道の部』が開催され、奈良講武会からは小学生6名、中学生4名が出場させて頂きました。

ここ最近出稽古や大会が続いていますが特に6年生は残り半年どのように自分をまとめるのかそれぞれが決意を持って日々の稽古を修練して欲しいです。

中学生はコロナ禍でほとんどの大会が開催されず小学校を卒業した学年ですが、周りの大人達が整えてくれた環境をもっと粋に感じて稽古に取り組んで下さい。

団体戦(小学生男女) 第2

先鋒 森岡希榎

次鋒 藤田彩未

中堅 瀧谷 光

副将 脇坂心彩

大将 辻本 涼

個人戦(小学4年生)

森岡希榎

遊田海惺

個人戦(小学56年生男子)

辻本 涼

瀧谷 光

個人戦(小学56年生女子)

脇坂心彩

藤田彩未 第2位(県大会奈良市チーム選出)

個人戦(中学生男子)

松田樹希

冨田温希

個人戦(中学生女子)

瀧谷 都

竜脊心美

『剣道体験会』を開催致しました。

令和4年10月1日(土)、『剣道体験会』を開催致しました。
多数のお問合せ・ご来場を頂きありがとうございました。また、開催告知にあたりご協力頂きました校区の関係者の方々ありがとうございました。重ねて御礼申し上げます。

引き続き、稽古の見学は随時行なっております。
稽古日の見学はいつでも可能ですが必ずご連絡の上お越し下さい。

火曜日:18:30〜20:00(奈良警察署)
木曜日:18:30〜20:00(奈良警察署)
土曜日:18:00〜20:00(奈良市立済美南小学校体育館)

090-8210-0051(奈良講武会 梅尾)

『第11回まほろばふれあい剣道交流大会』

令和4919日(月・祝)、「ロート奈良武道場」において『第11回まほろばふれあい剣道交流大会』が開催され、奈良講武会から2名の一般会員が出場させて頂きました。

ここ最近当会小・中学生が活躍しており多少のプレッシャーもありましたが、何とか体裁を整えることができホッとしました。

奈良県剣道連盟の大会実行委員や審判の先生方、準備から当日の運営まで充実した大会をありがとうございました。

男子個人

40歳以上54歳以下の部

森岡卓也 第三位

55歳以上64歳以下の部

中井敏統 準優勝

団体戦

先鋒 森岡卓也

中堅 (欠)

大将 中井敏統

『第17回全日本都道府県対抗少年剣道優勝大会(中学生団体)』

令和4918日、大阪市此花区「おおきにアリーナ舞洲」において開催されました『第17回全日本都道府県対抗少年剣道優勝大会(中学生団体)』に当会会員2名が奈良県代表選手として出場させて頂きました。

結果は予選リーグ敗退となり何よりも本人達にとっては本意ではない結果だと思いますが、ここまでのプロセスと自分達の未来に更に挑戦しようとしている姿を間近で見ている我々にとっては素晴らしい戦いっぷりに映りました。

あとに控える全国大会はもちろん、残り半年の中学生生活全てを有意義になるよう過ごして欲しいです。

そして同チーム監督の座りっぷりも御立派でした(笑)

奈良県チーム(中学生)

先鋒 玉井友恵

副将 伽羅宗吾

監督 梅尾厚弘

『第7回和歌山ビッグホエール杯全国選抜少年剣道錬成大会』

令和4910日・11日の2日間、『第7回和歌山ビッグホエール杯全国選抜少年剣道錬成大会』が「和歌山ビッグホエール」「和歌山ビッグウェーブ」にて開催され、奈良講武会から小学生6年生7名が錬成会(10日)、大会(11日)に出場させて頂きました。

例年、夏休みには日本武道館での錬成大会、また夏期合宿等宿泊を伴う行事が恒例でしたが、今年もコロナ禍により両行事が中止となるなか、6年生にとっては宿泊を伴う初めての行事となりました。

試合は2回戦敗退と残念な結果ではありましたが、残り半年となった小学生生活に素晴らしい想い出を残せたようです。明日からの稽古では今まで以上のチームワークを発揮し互いに切磋琢磨して下さい。

大会開催にあたりご尽力頂きました和歌山県及び和歌山市の先生方ありがとうございました。

また当会保護者会の方々におかれましても準備・引率大変お疲れ様でした。

『令和4年度久御山町総体剣道大会』

令和494日(日)、京都府久御山町において『令和4年度久御山町総体剣道大会』が開催され、奈良講武会から『小学生低学年』1チーム、『小学生高学年』2チーム、『中学生女子』1チームの計4チーム(三人戦)が出場させて頂きました。

結果は『小学生高学年』でAチームが4位、『中学生女子』が準優勝でした。

小学生Aチームには公式戦初出場の児童がおりましたが周りの心配をよそに各試合での奮闘ぶりには目を見張るものがありました。

『中学生女子』チームは全国大会を控えた者、進学先を絞り込み勉強に稽古により集中して取り組んでいる者、そして今回が中学生生活最後の試合になる者等、それぞれの思いを背負っての参加となりました。結果、優勝は逸したものの試合後には清々しい表情を浮かべていたのが印象的でした。

また久御山町の大会とのことで地元である久御山高校三年に在学する先輩達も大会の補助員として参加しており後輩達に声援を送ってくれていました。

『小学生低学年』

先鋒 梅津 蓮

中堅 遊田海惺

大将 森岡希榎

『小学生高学年』

Aチーム 第4

先鋒 瀧谷 光

中堅 遊田琥惺

大将 辻本 涼

Bチーム

先鋒 岡崎和花

中堅 藤田彩未

大将 脇坂心彩

『中学生女子』準優勝

先鋒 幾谷寧々香

中堅 瀧谷 都

大将 玉井友恵

『第17回奈良県少年剣道選手権大会』

本日、ロート奈良武道場(奈良市中央武道場)において『第17回奈良県少年剣道選手権大会(小学生・中学生)』が開催され、奈良講武会からは小学生の部に2名出場させて頂きました。

直近の大会で3位入賞を果たした両名でしたが思い描いた試合運びができず本意ではない結果に終わりました。試合でコンスタントに結果を残すにはまだまだ大きな課題があるということを謙虚に受け止めこれからの厳しい環境下での稽古に励んで欲しいです。

また中学生の部では各々所属する学校から出場し、伽羅宗吾(奈良育英中学校)と玉井友恵(三笠中学校)の両名がアベック優勝させて頂くことが出来ました。

両名とも918日(日)に大阪市にて開催予定の『第17回全日本都道府県対抗少年剣道優勝大会』に奈良県チームのメンバーとして出場させて頂きます。

先にご紹介の通り2人は1016日(日)開催予定の全国大会(全日本剣道道場連盟)にも駒を進めており、さらにもう一つ『全中』出場を目指して残りの日々を精進して欲しいです。おめでとう。

小学生の部

瀧谷 光

藤田彩未

中学生の部(男子)

伽羅宗吾(奈良育英中学校)優勝

中学生の部(女子)

玉井友恵(三笠中学校)優勝